腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院
メールでの問い合わせはこちら

カイロに頼っていませんか?

2016/01/21 カテゴリー:ブログ

大寒波によって厳しい寒さが続いていますね。

昨日は雪も降り、京都市内では4cm積もったみたいです(^.^)

まだまだ寒さも続くみたいなので、お体冷やさないように気を付けてくださいね!

さてこの寒さにより最近腰の痛みを訴える方が増えています。

その中でよく「腰が痛いのでカイロ貼ってもいいですか?」と質問をうけます。

カイロを貼ると温かくて気持ちがいい(^^)…と感じる方が多いと思いますが、

結論を言うとカイロを貼ってはいけない状態と、カイロの貼る時の注意点を覚えておくことがポイントです!!

まず、貼ってはいけない(温めてはいけない)状態というのは、いわゆる『急性の腰の痛み』の状態です。

腰を動かそうとするとズキズキ痛む時は温めてはいけません。

これは傷んだ筋肉が炎症を起こしているので温めてしまうと逆に炎症が悪化し痛みが強くなることがあります。

こういう状態の時は氷枕や保冷材で患部を冷やすか、冷却用のシップを貼ってくださいね。

次にカイロを貼る場合の注意点です。

カイロを貼ると温かくて気持ちがいいですよね。

気を付けないといけないのは『長時間カイロを貼りっぱなしにしていないか』ということです!!

カイロの熱により腰の表面は温まっているのですが、

局所的に温め続けることで、汗をかいたり、脱水状態になり筋肉の働きが悪くなります。

これはコタツに長時間入りっぱなしでも同じことが起こります。

本来、ヒトは筋肉を動かす事によって熱を作ります。

しかし、長時間カイロを貼りっぱなしにしてしまうことにより

筋肉の働きが悪くなり次は自分で熱を作れなくなってしまうんです。

その結果、逆に腰が冷えてしまい腰の痛みに繋がってしまうんです。

長時間の貼りっぱなし、温めっぱなしには気を付けてくださいね。

もし腰にカイロを貼るのならぎっくり腰などの時は控えて,

雪が降っている時や寒いところへ出かける時などにしておくのがベストですよ。

ただ腰の痛みも冷えだけが原因ではないのです。

筋肉のバランスが崩れてしまったり、背骨の歪みから引きおこされます。

なのでそこをしっかりと施術していくことが腰の痛みの対策の第一歩になります。

当院では腰の痛みの施術を得意としていますので、腰の痛みでお悩みの方当院へぜひご相談ください!!

 

#
#
#

〒604-8801
京都市中京区三条通神泉苑西入今新在家西町20

お問い合わせ 075-822-2525

#

京都市中京区腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院におまかせください!

三条大宮整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。JR山陰本線 二条駅から徒歩8分、東福電鉄嵐山本線 四条大宮駅から徒歩8分

© 腰痛改善専門 三条大宮整骨院 All Rights Reserved.