腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院
メールでの問い合わせはこちら

サッカーで腰を痛めてしまう原因

2016/10/12 カテゴリー:ブログ

サッカーをしていて腰を痛めてしまったことについてかいていこうと思います。

サッカーで腰を痛めるといってもいろいろあります。

その中でも代表的な3つの例を紹介していきます。

1つ目は腰と股関節を繋いでいる筋肉の炎症によって起こる場合です。

中でも腸腰筋という筋肉が重要です。

腸腰筋は体幹と下半身を繋いでいる筋肉になります。

ここの筋肉の柔軟性が少なくなってくると腰の痛みの原因になってきます。

この筋肉は股関節を動かす時に使う筋肉です。

走る時にも使う筋肉にもなりますので走ることが多い選手ほど腰の痛みが出やすいです。

2つ目は接触プレーの際に転倒した際の打ち身です。

サッカーはプロの試合を見ていると激しいボールの奪い合いを繰り広げています。

特にFWとDFとの奪い合いを見ているとぶつかり合って転倒してしまうことがあります。GKの場合は浮いているボールをキャッチするときに

相手と競り合って腰から地面に落ちることがあります。

3つ目はシュートを打つ際に腰を捻って痛めるケースです。

シュートを打つ時に勢いをつける際に腰を捻ります。

しかし、腰の動きは前後はまだ動きますが、捻る動作は人間得意ではありません。

ですから腰の筋肉の柔軟性が少ないなか

シュート練習をたくさんすると炎症を起こして腰の痛みになってしまいます。

これら3つが代表的な例です。

一番大事なのは日頃からケアをして柔軟性を高めてあげることです。

万が一サッカーをしていて腰に違和感や痛みがある場合は当院までご連絡ください。

#
#
#

〒604-8801
京都市中京区三条通神泉苑西入今新在家西町20

お問い合わせ 075-822-2525

#

京都市中京区腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院におまかせください!

三条大宮整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。JR山陰本線 二条駅から徒歩8分、東福電鉄嵐山本線 四条大宮駅から徒歩8分

© 腰痛改善専門 三条大宮整骨院 All Rights Reserved.