腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院
メールでの問い合わせはこちら

夏場での『こむら返り』

2018/07/26 カテゴリー:ブログ

腰を支える大事なふくらはぎ。そのふくらはぎで起こる『こむら返り』。なったことある方はわかると思いますが、とても痛いですよね。酷いと1,2日と痛みが続きます。この『こむら返り』冬の寒い時期だけではなく、夏場の暑い時期にも起こりやすくなるのです。

 

『こむら返り』は簡単に言うと、筋肉が過度に収縮してしまうことによって起こります。何故夏にも起こりやすいかといいますと、まずこの暑い時期は冷房の冷たい風にあたったり、暑いからといって布団から足を出して寝たりと冷やしがちです。身体が冷えてくると筋肉は緊張してしまい、血液循環が悪くなります。血液循環が悪くなる事により余計に筋肉は冷えます。冷えた事により、筋肉がいつもより異常に収縮を起こしてしまい『こむら返り』が起こります。また暑い時は汗を沢山かきますよね?汗には水だけではなくカリウムやカルシウムなどの電解質(イオン)と呼ばれるものが含まれています。この電解質は筋肉を動かす時に必要なものになります。しかし、沢山の汗をかく事により水分と共に電解質も出ていってしまい、筋肉が十分に動かせず、『こむら返り』が起こるのです。

 

夏場の『こむら返り』を予防するためには冷やし過ぎないこと、しっかりと水分を摂ることです。冷房の風が直接当たらないように風向きを変えたり、タオルケットなど足にかけておくなど冷やし過ぎないようにしましょう。また水分をこまめに摂取したり、寝る前に一杯の水を摂ることも予防に繋がってきますよ。あとはふくらはぎに負担をかけないように普段から腰のケアをすることも大切です。

 

夏場に『こむら返り』で痛い思いをしないように予防を心掛けていきましょう(*^-^*)

#
#
#

〒604-8801
京都市中京区三条通神泉苑西入今新在家西町20

お問い合わせ 075-822-2525

#

京都市中京区腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院におまかせください!

三条大宮整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。JR山陰本線 二条駅から徒歩8分、東福電鉄嵐山本線 四条大宮駅から徒歩8分

© 腰痛改善専門 三条大宮整骨院 All Rights Reserved.