腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院
メールでの問い合わせはこちら

夏場のこむら返り

2017/08/09 カテゴリー:ブログ

腰を支えるための大事なふくらはぎ。そのふくらはぎで起こると痛い『こむら返り』みなさん一度は聞いたことがあると思います。なったことがある方はご存知だと思いますが酷いと1日、2日と痛みが続いたりもしてしまいますよね。『こむら返り』なんですが夏場に起こりやすかったりするのです。今回は腰を支えるための筋肉、ふくらはぎで起こる夏場の『こむら返り』についてのお話しです。

 

夏場に起こりやすくなるのはなぜでしょうか?1つ目は冷房の風に当たったり、冷たい物を取る機会が多くなり身体が冷えてしまうからです。冷えると筋肉は緊張してしまい血液の流れが悪くなるのと、身体が冷えてしまうと普段に比べ筋肉は異常な収縮を起こしやすくなります。だから『こむら返り』が起こりやすくなります。2つ目は汗をかくことにより、電解質(イオン)のバランスが崩れてしまうからです。電解質とはカリウム、ナトリウム、カルシウムなどの事を指します。筋肉や神経が興奮するときに必要です。特にカリウムとナトリウムが筋肉を動かす際に必要なのですが、汗をかくことによりこのカリウムとナトリウムが少なくなります。そして筋肉をうまく動かすことができず『こむら返り』が起こってしまうのです。

 

夏場の『こむら返り』を予防するにはまず身体を冷やさない事です。冷房の風に直接当たらないように上に1枚衣服を羽織る、冷たい物ばかりではなく温かい物や常温の飲み物を飲むようにするなどの対策が必要です。あとは筋肉に柔軟性をつけてあげて血液の流れを良くすることも大切ですね。そして汗をかいた分、水分を補給しましょう。その時に水だけではカリウムやナトリウムを補給することが出来ないのでスポーツドリンクや経口補水液などで補うといいですよ。

 

夏場の『こむら返り』を予防するためにケアをしていきましょうね(*^-^*)

#
#
#

〒604-8801
京都市中京区三条通神泉苑西入今新在家西町20

お問い合わせ 075-822-2525

#

京都市中京区腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院におまかせください!

三条大宮整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。JR山陰本線 二条駅から徒歩8分、東福電鉄嵐山本線 四条大宮駅から徒歩8分

© 腰痛改善専門 三条大宮整骨院 All Rights Reserved.