腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院
メールでの問い合わせはこちら

寝ている時の体勢

2017/09/08 カテゴリー:ブログ

皆さんは寝ている時の体勢を今まで気にかけたことはありますか?今回は寝ている時の体勢について注意してほしいことを説明していきたいと思います。

 

最初に、皆さんは朝起きた時に体に違和感や重だるさ、痛みがあったりしたことはありませんか?このような症状が出てきてしまうのは寝ている時の体勢が原因なのかもしれません。寝ている時の体勢が悪いと身体自体は寝返り以外の時は動いていない状態です。悪い体勢が長時間続いてしまうと身体に負担がかかり続けてしまい筋肉の緊張が強くなってしまいます。筋肉が緊張して硬くなってしまうと、スムーズに筋肉が動かせなくなり朝起きて身体を動かしたとき時に首の場合寝違え、腰の場合はギックリ腰になってしまうこともあります。寝違えやギックリ腰になってしまうと、日常生活や仕事に支障が出てきてしまいます。このような症状が出てこない為にも寝ている時の寝方が大事になってきます。

 

寝方にも種類があり、うつ伏せ、横向き、仰向けと大きく分けて3種類あります。うつ伏せの体勢で寝ると、胸部を圧迫してしまい心臓に負担がかかるので危険ですし、うつ伏せになると首を横に倒す体勢になり首に負担がかかるので寝違えの原因になります。横向きの体勢は、肘枕や足を曲げた体勢にならなければ大丈夫です。肘枕や足を曲げた体勢になってしまうと血液循環が悪くなるのと、神経も圧迫してしまうので、シビレが出てきてしまう原因になります。仰向けの体勢は、寝返りがしやすい体勢で身血液循環も巡りやすい体勢です。

 

対策として一番負担がかからない寝方になるのは、仰向けの体勢です。ですから皆さんも今後寝る時に意識してみましょう。そして、もう1つ注意してもらいたいことは枕の高さです。枕が高すぎる状態で寝てしまうと、軌道をふさいでしまって首に負担がかかってしまう場合があるので枕の高さも注意してくださいね。

 

寝違えたりやギックリ腰になって悩まれている方やそれ以外で身体の症状で悩まれている方がおられましたら三条大宮整骨院へ一度ご相談くださいね。

#
#
#

〒604-8801
京都市中京区三条通神泉苑西入今新在家西町20

お問い合わせ 075-822-2525

#

京都市中京区腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院におまかせください!

三条大宮整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。JR山陰本線 二条駅から徒歩8分、東福電鉄嵐山本線 四条大宮駅から徒歩8分

© 腰痛改善専門 三条大宮整骨院 All Rights Reserved.