腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院
メールでの問い合わせはこちら

座っている際の痺れの原因は?

2017/05/12 カテゴリー:ブログ

座っていると太ももやふくらはぎが痺れてくる…何故座っていることで痺れが出てきてしまうのでしょうか。

痺れる太ももやふくらはぎが原因となっているわけではありません。実は腰が1つの原因になっているのです。腰は身体の重心を大きく支えるところになります。ただその重心を支える腰の筋肉が硬くなってしまっていると、腰だけで身体を支えることが出来ず、腰の下のお尻や足に大きく負担がかかりやすくなってしまうのです。また腰から足へ神経が出ているので腰周りの筋肉が硬くなってしまうと神経を圧迫、刺激してしまい太ももやふくらはぎに痺れとして症状が現れてきてしまうのです。

痺れはほっといてなくなるものではありません。痺れを我慢していると次第に感覚が鈍くなってしまったり、痺れから思うように足が動かせず、無理な歩き方になってしまい余計に腰や足へと負担がかかりやすくなってしまいます。

少しでも痺れを軽減していこうと思うと、まず足に伸びる神経が出ている腰の筋肉に柔軟性をつけてあげることが大切です。そうすることで神経を圧迫、刺激しにくくなるので太ももやふくらはぎに痺れが出るのを防ぐことが出来ます。あとはずっと座りっぱなしになってしまうと腰の筋肉も硬くなりやすくなってしまうので、30分~1時間おきぐらいにストレッチなどをして腰周りを動かしてもらうといいですよ。

痺れを予防していくためにしっかりと腰周りの筋肉に動きをつけていきましょう(^.^)

#
#
#

〒604-8801
京都市中京区三条通神泉苑西入今新在家西町20

お問い合わせ 075-822-2525

#

京都市中京区腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院におまかせください!

三条大宮整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。JR山陰本線 二条駅から徒歩8分、東福電鉄嵐山本線 四条大宮駅から徒歩8分

© 腰痛改善専門 三条大宮整骨院 All Rights Reserved.