腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院
メールでの問い合わせはこちら

腰から来る上腕の痛み

2018/02/15 カテゴリー:ブログ

先日、利用者さんが「朝、通勤中につり革を持とうとしたら腕が痛くなった」とおっしゃられました。その方は腰をずっと気にされていて腕の症状を訴えられるのは初めてでした。何故、腕に痛みが出たのか、それは腰にも原因があるからなのです。

 

腕には様々な筋肉が付着します。その中でも背面の広背筋という大きい筋肉が緊張することにより痛みがでやすいです。この筋肉はその名の通り背中から腰にかけて広く覆っている筋肉なのですが付着する最終地点が上腕骨のため腕を後ろに引っ張ったりする時に働きます。筋肉自体の力がとても強いためこの筋肉が緊張してしまうと引っ張り過ぎて腕を上げた際、反発して痛みが発生しやすいです。

広背筋が過度に緊張してしまう原因は、腕の使い過ぎや普段の姿勢によって無理に力が入り過ぎてしまい緊張が緩まない状態が続くことが原因として最も多いです。

 

みなさんに注意してもらいたい点は、姿勢は特に気をつけて下さい。疲れが出てくると自然と前屈みになってしまうことが多いです。そこで両肘を後ろに引き肩甲骨を後ろに引っ張って胸を張る姿勢を作ってみてください。また椅子に座っている時も浅く腰掛けず、深く座り背もたれにピッタリとくっつく様に座ると背部や腰の筋肉に負担がかかりにくいです。腕をたくさん使ったなぁという日は、夜お風呂上りの体が温まっている時に両手を体の前で手を合わせて組み、肘を曲げずに腕を伸ばしていただくと広背筋のストレッチに効果的です。

 

腕の痛みが出てきた時は、痛む部分が一番気になりますが、このように腰からの影響が関係していることもあります。当院では全身の筋肉に対してバランスを整える施術をおこなっています。今までと違ったところが痛い!この痛みに対してはどうしたらいいのか分からない。とお困りでしたら、お気軽にご相談下さい(^^)

#
#
#

〒604-8801
京都市中京区三条通神泉苑西入今新在家西町20

お問い合わせ 075-822-2525

#

京都市中京区腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院におまかせください!

三条大宮整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。JR山陰本線 二条駅から徒歩8分、東福電鉄嵐山本線 四条大宮駅から徒歩8分

© 腰痛改善専門 三条大宮整骨院 All Rights Reserved.