腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院
メールでの問い合わせはこちら

腰が原因で足の裏が痛くなる?

2017/11/09 カテゴリー:ブログ

足の裏の筋肉、筋肉を覆う膜、腱の部分が炎症を起こし、酷い時にはきつい痛みで足を地面につけなくなったり、歩く、立つなどの動作がスムーズにできなくなる「足底筋膜炎」。実は腰のバランスがひとつ関係してくるのです。

 

足の裏と腰は離れているのになんで関係するの?と疑問に感じる方いらっしゃると思います。腰は身体の中心にあり、身体を支える要となる大事な部分です。そしてその腰を支えるのは足の筋肉になります。腰の筋肉が緊張しバランスが崩れてしまうと腰で上半身が支えきれなくなります。すると腰で支えきれないところを足の筋肉で補わなければなりません。

 

足の筋肉も負担がかかり続けると緊張し、柔軟性がなくなります。そして歩いたり、走ったりなど負担がかかり続けると筋肉や腱の細かい線維が上手に伸び縮みせず、断裂してしまい炎症を起こします。これが腰のバランスが関係して起こってしまう「足底筋膜炎」の原因です。

 

「足底筋膜炎」が起こってしまったらまずは炎症を落ち着かせるためにまずは冷やしましょう。あと炎症が起こった周りの筋肉は痛みや負担をかばうために緊張してしまいます。その筋肉に柔軟性をつけてあげる必要もあります。そして腰の筋肉も柔軟性をつけてあげ、バランスを整えましょう。腰のバランスが整うと上半身を支えることができるので、足の筋肉へかかる負担を減らすことができます。

 

足の裏に少しでも違和感や痛みを感じている方。また、すでに強い痛みが出てしまっている方。足だけではなく、腰の筋肉のバランスが崩れている可能性もあります。早めにケアをしていきましょう(^O^)

#
#
#

〒604-8801
京都市中京区三条通神泉苑西入今新在家西町20

お問い合わせ 075-822-2525

#

京都市中京区腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院におまかせください!

三条大宮整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。JR山陰本線 二条駅から徒歩8分、東福電鉄嵐山本線 四条大宮駅から徒歩8分

© 腰痛改善専門 三条大宮整骨院 All Rights Reserved.