腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院
メールでの問い合わせはこちら

腰の痛みに対してのシップの使い方。

2016/02/12 カテゴリー:ブログ

腰が痛いからシップを貼る・・・それダメなんです!!

 

確かにシップを貼るとスゥ~としてラクになる感じがしますよね?

シップを貼った方が良い時とシップを貼らない方が良い時があるのです。

筋肉が固まってしまい血行不良によって痛みが出てしまっている人がシップを貼ると

更にシップで筋肉が冷やされて痛みが強くなるという悪循環になってしまいます。

だから、やみくもにシップを貼っても逆効果になることもあります。

 

では、その判断はどうしたらいいのか?

もちろん、専門家に見てもらうことが一番いいですが行けない場合もあると思います。

そんな時は、ズキズキする痛みがあるかどうかで判断して下さい。

ズキズキした痛みというのは炎症が起こっているサインでもあるのでズキズキする痛みがある時は、

シップを貼ってもらったほうがいいです。

なぜかというとシップを貼ったほうが筋肉を冷やすことにより炎症が拡がりにくくなるからです。

 

当院ではこのようにシップの貼り方のアドバイスを指導したり、

その人にあった日常生活で気をつけてもらいたいことも指導させてもらっているので

腰の痛みでお困りの方は早めにご相談くださいね(^O^)

#
#
#

〒604-8801
京都市中京区三条通神泉苑西入今新在家西町20

お問い合わせ 075-822-2525

#

京都市中京区腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院におまかせください!

三条大宮整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。JR山陰本線 二条駅から徒歩8分、東福電鉄嵐山本線 四条大宮駅から徒歩8分

© 腰痛改善専門 三条大宮整骨院 All Rights Reserved.