腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院
メールでの問い合わせはこちら

読書をする際に気を付けたい事とは?

2019/09/12 カテゴリー:ブログ

まだ暑い日が続きますが、暦上はもう秋です。読書の秋という事でこの秋は読書に耽ようと思ってらっしゃる方もいるのではないでしょうか。その際に気をつけていただきたい事があります。

読書に集中していると動く事は少なくなり、どうしても同じ体勢が続きます。すると筋肉にどんどんと負担がかかり、緊張し、バランスが崩れてきてしまいます。バランスが崩れた筋肉は血液循環が悪くなってしまいます。その状態をほっといてしまうと痛みやだるさとして症状が出てきてしまうのです。読書は基本座ってされる方が多いかと思います。座っている時は特に腰の筋肉で身体を支えています。だから気をつけていなければ腰に痛みやだるさが出てきてしまいます。

では読書をする際、何を気を付けたらいいのでしょうか。まずはずっと同じ体勢になってしまわないように、区切りのいいところで身体を動かしてほしいのです。少し動かしてもらうだけでも筋肉は伸び縮みするので極端に緊張してしまうことはありません。少し伸びをするなど簡単なストレッチなどしてみましょう。あとは前もって筋肉のケアをしておく事も大切です。筋肉のケアを定期的にしていると柔軟性を保つ事ができるので、負担のかかりにくい状態になりますよ。

快適な状態で読書ができるように心掛けていきましょう(*^-^*)!!

 

#
#
#

〒604-8801
京都市中京区三条通神泉苑西入今新在家西町20

お問い合わせ 075-822-2525

#

京都市中京区腰痛を改善するなら 三条大宮整骨院におまかせください!

三条大宮整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。JR山陰本線 二条駅から徒歩8分、東福電鉄嵐山本線 四条大宮駅から徒歩8分

© 腰痛改善専門 三条大宮整骨院 All Rights Reserved.